和多屋別荘

イベントevent

イベント イベント

【三服文学賞イベント第1弾】我妻俊樹 × 平岡直子 いま最も注目を集める歌人ふたりによる短歌入門クロストーク 1月21日

 
2024年1月22日(月)より募集が始まる「第2回三服文学賞」ですが、多くの方にご応募いただくために、多彩なゲストをお招きした“書く“を応援するイベントを「BOOKS&TEA 三服(さんぷく)」で実施いたします。
 

 
 
記念すべき初回イベントは『起きられない朝のための短歌入門』が話題の歌人の我妻俊樹さんと平岡直子さんによるクロストークです。
 

 
【第2回 三服文学賞特別記念ワークショップ「書く愉しみ」を応援するイベント】
我妻俊樹×平岡直子
いま最も注目を集める歌人ふたりによる短歌入門クロストーク
~起きられない朝のための短歌入門~

開催日時:2024年1月21日(日)12:30‐13:30
場所:BOOKS&TEA三服
登壇者:我妻俊樹さん、平岡直子さん
参加費:無料
お申し込み:こちらから

いま、短歌をはじめる人が増えています。
2023年11月に刊行された対談形式の短歌入門書『起きられない朝のための短歌入門』は早くもベストセラーとなり、短歌や創作に興味のある読者のあいだで大きな反響を呼んでいます。

今回、『起きられない朝のための短歌入門』著者で歌人の我妻俊樹さんと平岡直子さんが九州に初上陸!おふたりがこれまで詠んできた作品を振り返りながら、クロストーク形式でお話しいただきます。

「短歌を作るときはどんなことに気を付ければいいの?」「作ったあとはどうすればいいの?」といった入門的なテーマはもちろん、短歌だけにとどまらず、「頭をひねってみても何も思いつかない!」「自分の作品に自信がもてない!」などなど、創作に悩める多くの人におすすめの内容です。

●プロフィール
我妻俊樹( あがつま・としき)
1968年神奈川県生まれ。2002年頃より短歌をはじめる。
2016年、同人誌「率」十号誌上歌集として「足の踏み場、象の墓場」を発表。2023年に第一歌集『カメラは光ることをやめて触った』(書肆侃侃房)上梓。
平岡直子とネットプリント「ウマとヒマワリ」を不定期発行中。
2005年「歌舞伎」で第三回ビーケーワン怪談大賞を受賞し、怪談作家としても活動する。著書に『奇談百物語 蠢記』(竹書房怪談文庫)などがある。

●プロフィール
平岡直子(ひらおか・なおこ)
歌人。1984年に神奈川県に生まれ、長野県に育つ。2006年、早稲田短歌会に入会し、本格的に作歌をはじめる。2012年、連作「光と、ひかりの届く先」で第23回歌壇賞受賞。2021年に歌集『みじかい髪も長い髪も炎』を刊行、同歌集で第66回現代歌人協会賞を受賞。2022年には川柳句集『Ladies and』を刊行。2023年から現代短歌社賞の選考委員を務める。現在「外出」同人。

三服文学賞2023.5.27(土)発表!!大賞受賞作品はこちら